ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品として分類されています。医薬品ではないので、あくまでもサポート的に摂取するのがよいでしょう。

ひざサポーコラーゲンの三大成分①コラーゲンペプチド

ひざサポートコラーゲンの成分のうち、いちばん多く含有されているのがコラーゲンペプチドです。

コラーゲンペプチドとはいったいどのような成分なのでしょう。

《コラーゲンとの違い》

魚や鶏肉の皮に含まれるプルプルとしたものを見たことがある人も多いと思いますが、まさにそれが「コラーゲン」の原型となります。

毎日の食事から摂取できればいちばんですがコラーゲン含有量の多い食事を摂ることはなかなか難しいでしょう。

そのため、動物由来のコラーゲンを加熱・抽出・精製の過程を経て「ゼラチン」という物質を作り出します。

ゼラチンは温水には溶けやすいですが水には溶けにくいため、更に酵素で分解することにより水に溶けやすい(=体内に吸収されやすい)物質へ変化させます。

その物質こそが「コラーゲンペプチド」です。

分子の大きさはコラーゲン>ゼラチン>コラーゲンペプチドの順となっています。

《コラーゲンペプチドの効能》

ひざサポートコラーゲンと銘打っていることもあって、加齢によるひざの痛みを軽減したり、動きをサポートする効果が期待されます。

コラーゲンペプチドを摂取すると、体内で分解・吸収され、ひざの軟骨成分の石灰化を防いだり骨の代謝が促されるといわれています。

また、骨の代謝が進むため骨密度の上昇により骨粗しょう症の予防にも一役買っているといえるでしょう。

他にも、筋肉や腱の繊維を強固にしたり、一般的にいわれている「美肌(肌のハリやツヤ)」の効果があったという声も多いです。