ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品として分類されています。医薬品ではないので、あくまでもサポート的に摂取するのがよいでしょう。

ひざサポートコラーゲンの化学的根拠

機能性表示食品は、科学的根拠に基づいた機能性などを消費者庁に届出をすることによって販売可能となる食品です。

ひざサポートコラーゲンも機能性表示食品ですが、化学的根拠はどのようになっているのでしょう。

まずはコチラをcheck!…トクホ、機能性表示 意外に知らない健康食品の注意点|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

《実際に行った実験》

届出に際し、ひざサポートコラーゲンにおいても機能性の検証をきちんとしています。

ひざの痛みや曲げ伸ばしがしにくいが、病院に行くまでもない程度の男女を対象に、ひざサポートコラーゲン(コラーゲンペプチドを機能性関与成分として4g以上含む)を摂取するグループとプラセボ群(偽薬)を摂取するグループに分け、約4か月にわたって摂取することによって結果を検証しました。

本人の自覚症状だけでなく、専門医の見解や、摂取後数週おきに軟骨や骨の状態を調べるための血液検査や尿検査を行いました。

《効果はお墨付き》

摂取8週目の段階で、ひざサポートコラーゲンを摂取した人の方がプラセボ群を摂取した人よりも、ひざの曲げ伸ばしが改善傾向にあることが判明しました。

自覚症状においても、安静時の膝の痛みが軽減したような感じを受けたという人が多く見受けられました。

ひざの曲げ伸ばしにおいては、専門医が被験者ひとりひとりを診察して客観的に診断が下りたものであるため、根拠があるといえます。

自覚症状については、アンケートをとる形でしたが、安静時のひざの痛みがマックスで100だとしたらひざサポートコラーゲンコラーゲン摂取後はどの数値にあるかという方法を取ることによって、より明確に効果が数値化されたといえます。